女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ

  • 2015.09.06 Sunday
  • 00:39

「女性カードケーマーが気軽に楽しめる環境を目指して」

に関し、沢山のご意見、ありがとうございます。
全てはご紹介できませんが、皆様からお寄せいただいた幾つかのコメントと、僕の返信をご紹介します。
(頂いたコメントは元のままです。僕のコメントは、ツイッターでお返事したものに、一部加筆修正を加えさせて頂きました。)

ご紹介の前に、ご意見の傾向と分析を。

まず、女性プレイヤーが楽しめるように、云々、という以前に、男性の方からも、

「不快なプレイヤーが多過ぎる!」

という意見が大量に送られてきました。
(相手を煽る、ちょっとミスすると恫喝してくる、シャカパチ、など。)

デュエルスペースでのモラルハザードは、どえらいレベルです。

……実は、昔々、サンダーと一緒に、マナー啓発動画を作ろうとはしたんですよね……

なぜ作るのをやめたかというと、

「この動画を見てくれる人は、そもそもマナーを守ろうとして下さる人達だ。
本当に動画を見て、改めるべきは人達は、相手を不快にさせる事を積極的に楽しんでいるぐらいなので、この動画を見ても無駄だろう。むしろ火に油を注ぐかも。」


という結論になってしまったから、なんです。

でも今回、皆さんのご意見を読ませて頂いて考えたのは、
「今思えば、何も知らない初心者に向けた、カードゲームマナー動画か、あるいは、態度の悪い連中に、いかに対処するべきか、どう闘うか、という啓発動画を作っても良かったかな?」
と思いました。

映画・アメリカン・スナイパーでも、

「人間には三種類ある。羊と狼と、そして羊を守る番犬だ。」

という話が出てきます
が、狼を羊にすることは出来なくても、羊から番犬にクラスチェンジするお手伝いは出来たかもしれません。


さて、対戦時のマナー問題といえば、頂いた意見の中には、

「マナー問題さえ解決すれば、女性も来やすいのでは?」

という意見も多数見られました。

実際の所、それが改善されれば、女性の「参加しにくい」という問題点も、大きく前進しそうではあります。

その一方で、女性からは、

「そもそも、男性と遊びたいわけでなく、出来ればカードを通して、ファン同士の交流を楽しみたいだけなのに、カードを使えるイベントが男女混合の対戦大会しか無いのが不自由。」

という意見も、やはり多く見られました。

マナーも大切ですが、それだけではない、「別の受け皿」も必要とされているようです。

同じ女性でも、

「女だが、ちゃんと対戦したい。そして女だからといって、特別扱いされたくない。」

という方も、もちろんいらっしゃいましたが、この意見の中には、

「女だから弱いだろう、という目で見られる。」
「女のくせに、と言われる。」

等の、「低く見られる」事に反発される方が(当然の怒りです)多く、一部心ない男性プレイヤーからの、「理屈に合わない差別・偏見」に苦しんでいらっしゃる姿が、浮き彫りになりました。

男性、女性関係なく、平等に楽しめる環境を目指さなければならない、と思います。

ただ、当たり前ですが、女性相手に「男と別扱いしないために」と、下ネタをバンバン出したり、エロいスリーブを平気で使いまくったりするのは、NGでしょう。そこは「区別」しなければ。

ヨーロッパの国々では、女性に最低限の礼節も表せない男性は、一人前と認められません。それどころか、野蛮人扱いされます。

ここは日本ですが、良い所は学ぶべきでしょう。

「カードゲームユーザーは幼稚で、常識がない。」

と言われないためにも、常に他人には紳士的に接したいものです。

もし逆に、女性で、下ネタがむしろ好きな方は、僕に会った時、「下品大好物ッス!うひうひ。」と申し出て下さい。いないか。(笑)

しかし実際、そういう女性の友人が居たんだよなぁ……いつの間にか俺のカバンに『サガット総受けシャドルー本』とか突っ込んできやがって!
びびったわ!あと、俺自身を薄い本のキャラクターにすんのやめて下さいお願います。(笑)


……失礼しました。本題に戻ります。


幸運にも僕は、カードゲームに触れた一番最初から、彼女(今の奥さん)と彼女の友達の女性とゲームをプレイしていたので、女性とTCGを楽しむことに違和感はありませんでした。

だけどそういった経験が無かったら、僕もカードゲームを、完全に「男の世界」と考えてしまっていたかもしれません。

なので、ほとんど全ての男性が、

「カードゲームは、基本的には男の世界」
「女性がそこに入ってくるなら、こちらの流儀に合わせるべき」

と考えて……意識しなくても、そう感じてしまっていると思います。

でも、今やTCGは15年以上ブームが続き、数年前のブシロード系TCGのヒットもあって、女性ユーザーの増加、そしてそれ以上の「入りたいけど、入れない」女性達の需要が膨らんでいる所です。

いつまでも男性も、「男の世界」との認識を持ち続けるべきでは無いでしょう。我々全員が、変わっていかなければ、と思います。

無論それには時間が必要です。しかし僕には、「その過渡期」にこぼれ落ちていく女性達(と、初心者)を見ているのが、辛い。

それで今回、「根本的な解決方法は無いのか」と議題を出したのでした。

果たして、

「今、行える、こぼれ落ちていく人達を救済するセーフティネットは作れるのか。」

皆様のご意見、ご紹介したいと思います。



■マナー問題について
現野 イビツ@ルキエクの人さん
性別関係なくですけど、シャカパチだったり無言に近い言葉の応酬だけですまそうとするプレイングを改善できたら、よりTCGをやり易い環境になるとは思いますね

@Lequier_loveさん 
フォロ外から失礼します。これに賛成しましすね。頻繁に大会に出るプレイヤーたちはどのTCG関係なくほとんどそうだからそれを改善できればもっといい環境になるではないでしょうかね。

■傷つく
 白のはね @GW?なにそれ?美味しいの?さん
ツイート拝見しました。自分の経験から言わせてもらうと、人のデッキを馬鹿にしたり、対戦中に「そのカードやめた方が良いよ?弱いし」とか言ってくる人もいます。好きで入れているのに、すごく傷つきます。
少しプレミスすると物凄く怒ってきたり、あと、これは男性でも女性でも言えることなのですが、以前VGで女限に出たときは、シャカパチやら長い説教→「もう少し勉強してきてくれる?VGってそんなに甘くないし、長考しすぎ!それ、使いなれていないでしょう?」
とにかく、女性でも男性でも弱い相手だったら、とことん叩く人が多いですね。それが原因でVGも遊戯王もあまりやらなくなりました。見下してくる人が多くて嫌になってしまいます。


●いけっち社長(この後、●印の後に書かれているのは、僕からの返事です。)

実際、「腹が立つ人間が多すぎてやめた」という方は、男性にも凄く多いんですよね……

ああいった、他人を不快にさせて「ざまぁ」と喜ぶような人達がなぜTCGをやっているのか。それについては昔、
「カードゲームとギャング・エイジ。悪質な少年プレイヤーに捧げる子守唄 」
http://cardkingdom.jp/cgame/rock/070415.html
というコラムで書きました。

昔は何とかしようと思っていましたが、今の僕の考えは、彼等は、もう、救えない、です。

そうした人達の多くは、僕にネットで絡んできたりもします。
いわゆる「釣り」を行う人は、つまり他人を不快にさせてやろう!と目論んでいる訳ですから、対戦時に相手に嫌な思いをさせようとする人達と同じですね。
付き合ってあげると喜ぶだけなので、今はもう、黙ってブロックするしか無いと思っています。
これに対して「人の話を聞け」という人も居ますが、聞いても、従うかどうかは、聞いた人の自由ですし、悪意を感じる相手からは、付きまとわれないようにブロックするのは当然のことだと思います。

真面目に、本当に「池田に間違いがある」と思った人は会いに来て、直接僕に疑問をぶつけてくれるはずですが、実際に来た人は、今まで二人だけでした。
一人は話せば分かるちゃんとした人で、ちょっとした誤解があったのと、僕も考えを改めるべき所があったので、お互いに握手して別れました。
一人は目が泳いだ、見るからにちょっとおかしな人で、反論されると奇声を上げて逃げてしまいました……

途中から僕の話になってしまいましたね。申し訳ない。

マナーが悪い、あるいは人を不快にする人とは、付き合っても不快になるだけですから、馬鹿正直に付き合う必要はないと思います。

逃げまわるのが、正しい。相手する必要はない。僕もそうします。

大会で会ってしまったら仕方がありません。できるだけ速く終わらせてしまい、忘れるのが、自分の心を守る、正しい対応だと思います。

■女性も揃って積み込みが
零村 灯@FVはキッドくん安定さん
とある店でヴァンガードの大会に出ると、基本男女問わず試合開始前または終了後に積み込みシャッフルをされていたのですが、ある女子中学生になんでそんなシャッフルするのと聞くと「だってこうしなきゃ回らないじゃないですか」と言われたときは気分悪かったですね。

●いけっち店長
ああ、そういう店の話、聞いたことあります…
その店では、そういう「常識」(積みこむのが当たり前)がまかり通っているんですね。
僕が思うのは、そうしたネジ曲がった考え方に耐えきれず、その店から離れていった人達は、一体どれだけいたのだろう、という事です。


■民度低いんだよ
底辺俗物さん
民度低いゲームって事、これが現実

●いけっち社長
そう。まだまだ幼いし、このホビーを進化させようとしている人も少ない。君の言うとおり現実だ。
だから、その現実を変えるためにはどうする?という話をしているんだ。否定は簡単。ビルド(積み上げる)な思考こそ、自分の未来を拓く。


■ストンと納得
論子さん
カードゲームに触れた事はありません。もし私がカードゲームを始めたら、で考えてみたのですが、慣れないうちは威圧的な態度の男性(シャカパチや無言)との対戦が続くと辛いかもしれません。ある程度勝ちたいと思えるくらいゲームの面白さに気付けたなら、あとはどれだけ自分の精神を強く持っていけるか、そこを鍛えていくのは勿論ですが。初心者や対戦に慣れないうちは、スタッフさんとの対戦が出来れば入りますいかなと思いました。スタッフさんとの対戦っていうシステムが既にあるのならすみません。

●いけっち社長
ストンと納得しました。シンプルですが、それ故に正しいご意見だと思います。

■アドバイスがアダに
百@企画 さん
ガンシューなのですが、好きなキャラ、武装を選ぶと環境にあってないからやめろ、とよく言われます
それで戦うのが好きなのに…
カードゲームをやる知り合いにもすきなカード、テーマが環境に合わない、弱いと言われたそうです
アドバイスのしかたも考えなければ

●いけっち社長
これは、僕もよく失敗しました。いや、今もやってしまうかも。

デッキアドバイスを喜んで下さる方と、余計なお世話と感じる方の、差が激しいんですよね。

迷惑がられると駄目なので、アドバイスしないようにすると、後からメールなどで、

「池っち店長にデッキアドバイスして欲しかったです……」

と言われたりもします。

では、前もって許可をえようと、
「デッキアドバイスさせて頂いてよろしいですか?」
と聞くと、大体は「ハイ」と答えて下さる。

でも実際には、まるで聞いていない(迷惑がられている)相手の方も居て、途中で、

「ああ、本当はアドバイスは要らなかったのに、断れなかったんだな。」

と気付く。こっちも大ショックです。

もちろん、大半の方は、超前のめりでデッキアドバイスを聞いて下さるのですが、迷惑に感じられてしまった時は、こちらも傷付きます。

もう、どうして良いやら。(笑)

でもまあ、少なくとも皆さん、「デッキアドバイスさせて頂いてよろしいですか?」と前もって確認するのは、最低限の礼儀としましょう。

あるいは、「アドバイスお願いします」と言われない限り、そこには触れないとか。


■勝負に興味ない人にも楽しんでもらえてこそ、TCGの理想。
かがち ‏さん
男女問わずですが競い合うという行為そのものに興味がない、言ってしまえば「めんどくさい」と感じている方は少なくないのでは、と思っています。
もしも協力して何かしらの目標を達成していくような形のゲームや店舗大会があったら……なんて考えることはあります。

●いけっち社長
そうですよね。実は、勝負ごとで無ければ、もっとTCGを楽しめるのにって方は、意外と沢山いらっしゃいます。

「競い合う事そのものに興味が無いなら、TCGやらなきゃいいじゃん」
と思う人も居らっしゃるでしょうが、実はそうではないのです。

野球をやる気は無いけど、野球見るのは好き。ファン同士で話をしたい、という人はいるでしょう。

カードゲームにも、

「勝負には興味が無いけど、カードゲームの世界観が好き、ファイトを見たり、同じ話題で盛り上がりたい。」

という人は、一般的なカードゲーマーが想像している以上に、たくさんいるのです。


僕が何度かお話している、
「見えない需要」
です。

遊戯王GXで、プロカードゲーマーが描かれましたが、観客席には、沢山の観客が集まっていました。

多分あの世界では、実際にデュエルはしないけど、見るのは大好き、という人が沢山いるのだと思います。

現実が、そうならないとは、誰も言い切れません。
そんな馬鹿な、漫画だろ?という人も居るかもしれませんが、実際の話……

僕の作ったカードキングダム動画を、毎回見続けてはいるけど、カードゲームを今は、やっていない、という人は、沢山居るのです!

これは、証拠になると思います。

そういった人達が、全くカードを買わないかというと、実は意外と買ってくれてたりもします。
今はやらないけど、一応、持っておく。作らないプラモデルや、やらないゲームソフトのようなものだけど、いつかは楽しみたいって。「好きなもののグッズ」として買っている訳です。

ですからこういった人達も、大事なお客様です。

そういう人が楽しみやすい、「大会以外の受け皿」が必要だ、という話。お分かり頂けるとと思います。


■様々な楽しみ方が。
日々、無限突破‐インフィニティブレイク‐ ‏さん
いけっち社長。レス失礼します。上記課題ですが、不快感を与えないことが1番ではないでしょうか。強い弱いとか勝ち負けよりもまず楽しさを提供すること。まずは楽しく遊んでもらう。そしてその先に何を求めるかを聞いて、その人が求めているものを提供するでどうでしょう

●いけっち社長
ホントこれですね。
ちょっと枠が異なる話かも知れませんが、僕もお店やってて、「対戦する以外の楽しみ方」に気付かせて頂きました。
「その人が求めているもの」は、そもそも対戦で勝つ事じゃないかも知れないんです。

トレードを楽しむ人、コレクションを楽しむ人、同じアニメのファン同士で会話を楽しむ人、色々です。
そもそも僕自身、勝敗より、デッキビルドを楽しむ人ですし。

僕の店で、こんな事がありました。
スタッフが、いつもカードを売りに来てくれる人について、不満を漏らしていたのです。

僕「何が気に食わない?」

スタッフ「だってあの人は、毎回新製品が出る度にカードを売りに来てくれるけど、うちで一度も対戦して行かないんですよ?
あの人にとってカードゲームは、遊ぶものじゃなくて売買するものなんです。そんな人、仲間じゃない。」

僕「……そのカードは、不正に手に入れたものでは、無いんだな?」

スタッフ「それは無いようです。色んな店で買い集めて、高く売れる場所に持っていく、というのを繰り返してるようですが……」

僕はカミナリを落としました。

「アホか!その人は、新しいカードの価値を見極め、転売する、という、『マネーゲーム』を楽しんでいるんだ。誰かに迷惑を掛けていない限り(つまり、シャークトレーダーはアウト)、それも正当な楽しみ方の一つだろう!
カードゲームには、色んな楽しみ方があってしかるべきなんだ。それがカードゲームの可能性の大きさだ。
いいか、カードゲームの楽しみ方を、お前の価値観で縛り付けるな。それはカードゲームの可能性を失わせることだ。カードゲームが好きなら、自分と違う楽しみ方をしている人も、仲間だと思え!

スタッフは、すぐに理解してくれました。その後は、毎回売りに来て下さるそのお客様を、「情報もくれるし、いいお客様です。」と言って、歓迎するようになりました。

僕もやはり、現場でしか悟れないものです。


■エロ系スリーブは想像以上に引かれてるぞ!
 赤白玉@くコ:彡 ‏さん
あと個人的に思うところではあるのですが、カードスリーブでちょっといかがわしい感じの萌え系スリーブとかも嫌悪の対象になったりならなかったり…。どんなところで女性が不快を示すか、どうすれば馴染みやすいかを念頭に置くことが重要かと思います。

●池っち社長
女性プレイヤーの目の前に、肌もあらわな女性キャラスリーブ(萌えの一線を越えたエロ)を突き出したりすると、その時点でセクハラになりかねないですね。基本、やめなければ。
これをやめるとなると、「うっ!つ、辛いなそれは」となる男性も多いと思いますが、事実……女性には迷惑ですからねえ。

エロい物が、「相手に見せる物に書かれている」事が現状、許されていて、そしてそれが、大量に販売され、受け入れられている時点で、カードゲームは男性社会の市場なのだ、と考えられている証拠だと思います。

女性を受け入れるに際し、これ(エロいグッズ)を失うのは、今まで楽しんでいた男性にとっては大きな苦痛でしょう。なんとか「破壊」せずに、ソフトランディングさせたいものです。

とりあえずは、「失礼に当たらないスリーブ」に入れたデッキも、用意しておくべきかと。
全部エロくないとイヤだー!という困った人も居るかもですが。

■お洒落な女性向けサプライを!
美羽(鼻ほじ) さん
女子向けスリーブやデッキケース等サプライも充実してほしいです。とうらぶも良いんですけどね
興味ない人から見ると「旬のジャンルに手を出した」程度にしか見えません
もう少し幅広くやってほしいと思います。

●いけっち社長
なるほど、
「女性に人気のキャラクターを用いたサプライ」
だけではなく、
「普段使いできる、常識的なデザイングッズとしてのサプライ」
が求められている、というのは、眼から鱗のご意見でした。

つまり、上品で綺麗なデザインスリーブとか、化粧品入れのように、普通にカバンから見えても違和感の無いデザインのデッキケース、ですかね。

ぶっちゃけ、僕としても「発見」です。これはマジで、商売として盲点ですよ。メーカーさん、一刻も早く作るべきです!


■私はやめてしまいましたが…
春雨秋風 ‏さん
外からすみません。以前プレイしてた女性ユーザーです。
他の方も書いていらっしゃいますが、疑問点を質問しやすい&丁寧に解説してくれる環境が欲しかったです。
興味を持ったはいいものの、周囲にプレイしている人がおらず、また、右も左もわからない状態でショップの店員さんに話しかけるのは本当に厳しかったです。
ショップで女性限定の初めてのカードゲーム質問&練習講座(交流会的な物)があるとショップに足を運んだり、プレイをするいいきっかけになると思うのですがやはり難しいでしょうか?
あと、女性が持っていても違和感の少ないデザインのスリーブやケースなどの小物が欲しかったです(^^;
ピンク系の色とかではなく、普段鞄に入っていても違和感のないデザイン重視の小物があると嬉しいです。

●いけっち社長
この方も、女性向けグッズについてのご意見を下さいました。
また今回、この御方のように、やめてしまった女性の方からも、幾つかのお便りをいただきました。
僕のツィートを見て下さっている方は、基本、現在カードゲームをプレイしている方が殆どだと思います。
にも関わらず、「昔やっていた」方からも、結構な数のリプライが来る。これはつまり……

黙って居なくなってしまった人達は、かなり濃い濃度で別のところにいる。
失ったものの大きさに、愕然とします。

この方のように、昔はやっていたけど……という方が、完全に見捨てないで、アドバイスを下さる事を嬉しく思い、同時に、情けなく思います。

■つけまわし
です ‏さん
オフ会開いてて主催の見えないとこで同じ女性と何度も戦ってトイレにいけなくて困ってたり、ずっとつき纏われてのをフォローしたり…
オフ会後もSNS上でしつこくつきまとう奴がいたり…
それを話せずモヤモヤしてる子もいたとか…
要は配慮不足

●いけっち社長
これはですねぇ、昔はTRPGの現場とかでも、よくあったんですよ。何十年も解決していないんですよね。

金澤尚子さんが書いてたんですが、

「率直に『付け回したらダメだよ』と言うだけで、あ、ダメなんだ、と気付く人は居る」
らしいです。

子供っぽいですが、女性慣れしていないおとなしいオタクには、こういう「それが駄目って事も、自分では気付かない」人も、結構居るようです。

直接言うと角が立つので、イベント前にスタッフが、参加者全員に注意喚起として話しておくと、ずいぶん減ると思われます。

言われても付いてくるのは、完璧にアウト。逮捕されても良いレベル。

■男性が居るだけでアウト、という女性がいるのは事実。
つる@レベコンせ50a ‏どん
メチャメチャ身も蓋もない言い方をすると、男性ユーザーは相手を女性だと思わない、女性ユーザーも自分を女性だと思わない、で接することかなー、と思うんですよね、『根本的に』解決するにはですけど

●いけっち社長
それはあります。けど、それが出来る人はごく一部なんですよね。
つまりなんだ、根本解決するには、性差を破壊するしか無いってことなのか。(んな筈ない)

つるさんならご存知だと思いますが、玩具業界には、
「男性ファンがいるコンテンツに、気兼ねなく入れる女性は女性全体の2割に満たない」
というデータがあります。さて、どうするか。

■怖いよ!
セヌウ ‏さん
女性が楽しめる環境の話。昔、女性がカードショップで常連男性客に群がられて、かなり怖がってたシーンを見かけました。
そうならないように女性への心配りをして、カードショップ側が常連さんグループに入りやすい空気を作ると女性も少し入りやすくなるかなと思います。

●池っち社長
それは、その女性の方は本当に怖かったでしょうね。
そういうの見かけたら、助けたい所ですが、どのくらい困ってるかわかりにくかったりして、タイミングも難しい。
でも、こんな事を繰り返していたら、カードゲームが女性に見捨てられてしまうのも、当然でしょう。

■ナンパされる
Daira ‏さん
昨日も書かせていただきましたが、私は仲間の女性に執拗に声をかけてくるプレイヤーがいました。その時、その店のスタッフに「すみません、女性の方が嫌がるので注意してもらえませんか。」と言ったところ、注意してくれたのは嬉しかったです
しかも、後日別の今度は男連中で同じ店に言ったところ、同じように女性プレイヤーに声かけている男性プレイヤーがいたところ、そのスタッフは自発的に注意してくれました。この様なスタッフがいると女性も安心して、プレイできますよね。

●いけっち社長
それは、素晴らしいお店です。大事にしてあげてくださいね。(思わずお店側としてお願いしてしまう)

■清潔でないと、女性は入りにくい
「キャラスリ」 税込756円 さん
店を臭くなく綺麗にしましょう

不次采無 ‏さん
一部プレイヤーの清潔感のなさはもうどうにもならないのでせめて空間や店員さんで明るさと清潔感を補完する、とかですかね…
ただでデオドラントスプレー貸し出すとかも女性客を取り込めるなら必要経費になるのではないでしょうか

●いけっち社長
清潔感、大事だと思います。東京でも、きれいなお店に、女性が集まっているように見受けられます。

消臭スプレーですが、実は僕、デュエルスペース入り口に常備していた事があります。たまに、自分のニオイが気になった方が、自主的に使っていらっしゃいましたね。

でも、内心で「使ってー!」と思ってしまうような人に限って、ガンスルーするんですよ。(笑)

そもそも匂いを気にする人が、臭いままデュエルスペースに来る事は少ない。当然といえば当然でした。

本人に、「すみません、これ使って頂けませんか……」とお話して、双方ともに気まずい思いをしたり、最悪、その方が二度と来なくなったりもしてしまいました。

どうすれば良かったのか、今も分かりません。


■女性決闘者として
さくらは一人、この俺だっつってんだろが! さん 
女性決闘者です。結局ガチ勢とエンジョイ勢は住み分けなのだと思います。女性同士でもギクシャクしますし。女性が、というより初心者や知識の浅い人たちが楽しむためにはとにかくゲーム展開をゆっくり、効果の確認などをしやすい雰囲気を作ることだと思います。
女性は基本群れる生き物なのでどうしても「仲間になれるのか」が不安になります。ショップデュエルなど、すでに出来上がっている(ように見える)コミュニティに入るのは勇気がいります。なのでスタッフさんや古参の方がフレンドリーに接するだけでも違うかと思いますよ

■派閥争い
ゆっきー@ただいま さん
同じショップ内での女性プレイヤー同士の派閥争いみたいなのに巻き込まれたりとかありました
女性プレイヤーのあり方については何をいうでも無いですけどそれの取り巻きも含めて怖かった思い出が…今はどうなってるか知らないですがすぐいくのやめました。なぜなか良くできないのか…

●いけっち社長
それは怖かったでしょうね。
ごく一部ですが、
「むしろ、女同士で遊びたくない! 女が集まると、嫌がらせなんかが始まって……」
という女性の方もいらっしゃいました。
こういう泥沼を経験されたのでしょうか……

女性同士のトラブルに関しては、男性と同じく、各自で解決していただくしか無いと思います。

とりあえずの僕の理想は、「女性の楽しめる選択肢を広げること」です。
今は、女性だけで楽しめる場があまりありませんが、やはりそれは必要だと。

そして、女性同士でTCGをプレイするのが苦手な方は、今まで通り、男性も女性もどちらも遊べる場で、楽しんでくだされば良いと思います。
「場が選べる」のが理想ですね。


■女性から見ても、確かに女性は……
 狐白燈は眠い@10/10VG先導杯 ‏さん 
私個人(当方女子)の意見として、ですが、
「女子相手はなー、ファンデッキとかなんだろうし、軽く勝っておくかw」
という感覚で話しかけられる場合がやっぱり少なくない(対戦後たまに言われる)という印象はあります。私が勝つと無言で去っていくんですが…
実際、男子に比べたらデッキの作りが甘いというような「ゲーム」目線での男女の意識の差はあるように感じますし、「ゲーム」をする時以外でTCGの共通の友人と話す、という機会は男子より女子の方が多いように感じます。
となると、改善できそうな点としては、
・相手とのコミュニケーションを重視したTCG
・TCG関連サプライの幅広さ
・気軽にTCGの友人を作りに来れる環境
こういった内容は必要になるのかもしれません。

●池っち社長
具体的なご提案、ありがとうございます。
負けて無言で去っていく男性が、哀れというか、一言ぐらい「うぉ、舐めてました。すみません」と謝るべきというか、なんか言えよって感じです。
                            
この女性の方は、「女性にはこういう傾向がある」と分析して分かりやすく書いていらっしゃいますが、この他にも同様のご意見は、たくさん届けられました。

ですが、それとは逆に、同じく女性から、「女だからといって一般論で決め付けるな」という意見もありました。

どっちかというと、「男はこうだろ」と言われても、あまり反発する男性は少ない印象ですが、今回、女性は意見がまっぷたつに分かれました。

一般論と個人の考え方は、分けて考えるべきだと思うのですが、どう受け止めて良いか、僕自身、ずいぶんと苦しみました……


■女性は「考える」だけでなく「感じる」センスにも優れているんじゃないかな。
香港のかねこP@ままゆまゆまゆ ‏さん
女性プレイヤーにTCGはただのホビーではない、かなり深いゲームとして認識するのは大事だと思います。女性の価値観はいつも「思考やめる、感じる」とおもいます。あくまでわたしの偏見ですけど…あとは下手な日本語書くのは申し訳ないです。

●いけっち社長
思考をやめる。感じる
なるほど。女性の優れたところは、男性にはない、
「エモーショナルを察して大切にする」センスだと言われています。

一般論として男性には、いちいち全てのことに「決着」をつけようとする習性があるようです。(進化の過程で、そうなったそうな)

対して女性には、決着を付けなくても良いものはそのままにして、諍いを減らし、和を取り持つセンスを持つ方が多いそうです。
(科学的に「進化の過程で、そういった調整力を身につけた」と分析されている事でもありますが、専門家ではないので、詳しくは語らないようにしましょう。気になる方は、図書館などで調べてみてください。)

そんな女性達が、カードゲーム業界にもっと入ってきてくれれば、今までは確かに「男の世界」だったカードゲームに、女性らしいセンスで、新しい魅力を見つけ出してくれるかもしれません。

いえ、すでに、僕達が気付かない魅力を見つけ出し、育ててくれているのかも。

そしてそのうち幾つかは、今度は逆に、男性も楽しめるものとなるでしょう。

男女双方に認められるようになってこそ、カードゲームはより一般化し、大衆に受け入れられる文化となってくれるに違いない、と、僕は考えます。

トレーディング・カードゲームはアメリカで生まれました。
しかし、日本ならではの進化を遂げて、全世界に羽ばたくホビーツールとなるための突破口は、実はこういったところにあるかも知れません。


■「区別」は必要でも、「差別」は最悪。
残姉ちゅん(*`廿∀廿)⌒σペダステ ‏さん
女だから弱い、女だからカードの知識が無い等というジェンダー的な偏見や先入観や差別を無くせるような環境や入りやすい店の雰囲気が欲しいです。
スタッフさんから声をかけて頂いたり他の男性客と同じように接して頂けるとかなり嬉しいです。

●いけっち社長
このお便りの方は、女性を蔑視している輩に、女だからと差別される事を、悲しんでおられます。全く、怒って当然のことでしよう。

そもそも、男女関係なく、侮辱はよくありません。

例えば、相手が、彼女を男性だと思っていたとして、
「男性と同じように馬鹿にする。」
のは許されるでしょうか?そんなハズはありません。ですよね。

ですがこの方は、「女である」という時点で、馬鹿にされることがある、と仰っています。スタート地点ですでにマイナス。こんな事が許される訳はありません。

「男性と同じように接して頂ければ」とおっしゃっておられる通り、男女関係なく、一人の人間として敬意を持って接するべきでしょう。

誤解のないように追記しますと、決して、女を男扱いしろ、という話ではありません。(いや、そう勘違いする男も本当にいるから!)

ここでちょっとおもしろいご意見を。
女性スタッフの多い、接客業の現場の方からのお便りです。


■ボーイさんから
栽培マン@暗黒虫魔人 さん
TCGのお店を経営しながらキャバクラのボーイをやってる自分の意見としては、女性慣れしてないプレイヤーと、女性をねらってる出会い目的の方の振り幅の差がありすぎる事が原因かと…TCGを好きすぎて女性慣れしてない男性女性好きすぎてTCGやってる的な人が多い

あとは、体臭や服装を気にせずTPOを無視した一方的な会話や下ネタ、スラングの多様などが 女性をひかせてしまう要因かと思います。

第一印象は外見(身なり)次に人柄(会話や気づかい)そこで対戦して不快な思いをしたら女性ユーザーは離れてしまいます。
TCGユーザーの男性に必要なのは『気配り』だと思います。周りへの気配り次第で環境は変わると思います。

気配りの強制は良くありませんが
『態度が変われば人格が変わり人格が変われば環境が変わり環境が変われば人生が変わる』
と過去に勤めてた場所の教訓があります。男性も女性も楽しめる環境になるように皆さん一人一人頑張りましょう!長文失礼しました。

●いけっち社長
我々にはハードルが高い?いやいや、気にかけているだけで、全然違ってくるであろう、具体的なアドバイスをいだきました!

社会人のボーダーって、「専門家の意見はリスペクトして聞く」事だと思います。自分の仕事に責任と自信を持つのと同様、他の道のプロのノウハウに敬意を持つ。
なのでこの方のお話は、ストンと納得がいきます。

気配りが難しくても、意識するだけで、自分が良い方向に変わっていける、という可能性は、放棄すべきでは無いと思います。頑張ってみましょう。

……しかし、

「TCGを好きすぎて女性慣れしてない男性」

は仕方がないとして、

「女性好きすぎてTCGやってる的な人」

が居るのは、なんかなぁ……


この人達は仲間といっていいのかどうか、僕にも判断がつきかねます。(笑)

カードゲームを「ツール」として使っているのは、僕達と変わりませんが、ナンパ目的の男性に迷惑している女性がいる以上、やはり「迷惑な人達」なのでしょうか。

「ナンパされるのが目的の女性」も、絶対に居ないとは言い切れませんが、なんかもう、そういう人達同士、「他所でやれよ」といいたくなりますよね。正直。

私見ですが、TCGの現場に居らっしゃる女性は、ナンパなんかされたくない!のが殆どだと思います。なので……ナンパ目的のカードゲーマーは、ギルティ、と言う事で。

カードゲームで知り合った女性と結婚した俺が言うのも何ですが。
(ナンパではなかったですし、奥さんとは、17年の付き合いなので、許してください。)


■お洒落なカフェ風のお店
[百戦百勝]はるぽん ‏さん
ξ*’ω’)ξノ <はい先生。TCG環境について。
ちょっと視点をかえて、カフェみたいなフロア(スタバみたいな)で
くつろぎながらやってみたいです。

※現状そんな環境ありませんけど、あったらいいなみたいな。 ╭*(๑˘ᴗ˘๑)*╮

●いけっち社長
うっ。思い出した。あの話、もうやってもいいよな……
ええと、失礼に聞こえるかもしれませんが、否定するつもりはないので、どうかご機嫌を損なわれませんように…

ぼくも八年ぐらい前に、そういう店を考えたことがあります。同じように、女性ユーザーさんから提案されたこともありました。

背の高めの丸テーブルで、お洒落なカフェ風のお店。
でも、勝算が無くて作らなかったんですね。

で、その後五年ほど経って、とあるお店から、

「売上を伸ばすには、どうすればいいか相談したい。」

というご連絡
(フランチャイズ加盟店ではない)を頂いたんですね。

そのお店は、とある大規模都市にあって、周囲にもTCGショップかあり、立地的に見て、月売上500万程度は狙える場所にありました。

ですが何と、その店の月の売上は…70万前後!目標値の7分の1以下!

ぶっちゃけ、全く商売になっていない!

そんな店が……正に、僕が以前考えていた、「お洒落なカフェみたいなTCGショップ」だったのです!

いや、もっと徹底してました。椅子はソファー。テーブルはガラス製。本格的なダーツやスロットもあり、カウンターに頼むとカクテルが出てくるし、軽食も楽しめます。

……なのに月売上70万。スタッフも礼儀正しく、スーツベストにネクタイ。これ以上はないほど本格的に作られていて、それでも……!

八年前、「やっぱこの業態はありえないかな。」と思い、すんでのところで企画を潰した自分に、ほっとしました。そしてその店へは、

「普通の店にしないと、潰れます。」

と断言し、色々アドバイスして帰りました。
(まず、入り口にワインボトルが並んでいたりと、子供が入れない。子供が入れない以上、売上の何%を諦めざるを得ない……食事できるおかげて、回転率が低すぎる……等々)

その後、その店が立ち直った、という話は、残念ながら聞きません。やはり、この形のカードショップは、大きな成功は狙いにくいようです。趣味でやる店の形としては、ありえるかもしれませんが……。


■ハイキュー!!バボカは素晴らしい
セツナ@うんこは1日1時間 ‏さん
ハイキュー!!のバボカは女性が楽しんでるカードゲームの筆頭だと思うのですがどうでしょう。自分はやってないのですがフォロワーさんが楽しんでられます。好きなキャラを集めてみたり作中の名シーンを再現したり、ここに必要なのはやはり「好き」同士が集まることかと

●いけっち社長
ハイキュー!!バボカは素晴らしい。ねがわくば、弱ペダも同様の楽しまれ方が成されることを……
けど何だ、これはどうしようもないかもだけど、バボカも都心ぐらいしか、女性が集まって楽しめる環境は無いよねぇ。


■池っち店長動画の昔の言葉から
スチル ‏さん
初めてコメントさせていただきます。
池田さんがカードキングダムの社長を勤めていた時代の動画で『女性プレイヤーには変に意識せず自然に接するよう心掛けよう』と仰っていたことを覚えています。これが出来れば一番なのでしょうが少々難しい気がします。
根本的な解決というのは大変難しくいきなり解決法が出るものではないと思います。それこそ今実践されてるような女性限定のスペースや大会を出来るお店が増え、TCGを楽しいものと思ってもらえるようにしてもらうのが今できる方法と考えています

●いけっち社長
おお、昔の話を覚えていて下さって、ありがとうございます。
ファンの方々からは、時々、
「よくそんな昔の話を覚えていて下さるなぁ。」
と思うような話をしていただくのですが、僕の昔の言葉も、今考えると、もう少し考えを深めて発言すべきだったな、と思うこともあります。

スチルさんの仰る事もそれで、確かにそれでスタートラインに立てる方もいらしたと思いますが、難しい方も居たでしょうね。


■極論にしてシンプルな答え
海蒼@タルやん(巻き返し準備中 ‏さん
簡単な話です。
男性客を一切参加させないことです。プリクラコーナーみたいに。例え半分の男性プレイヤーが気を遣っても半分がぶち壊すし、ぶち壊す奴等はそもそも何が悪いのかも考えないし勝手に持論を展開しだすので始めから女性限定にするしかないと思います。

●池っち社長
極論に聞こえますが、それも真実ではありますね。

仰る通り、プリクラや、古いところではラブ&ベリーのコーナーには、女性しか集まらず、
「決して男が来ないから、安心して遊びに来れる。」
という女性が、一定数居るのです。

これは、正にラブ&ベリー(アイカツなどとは、比べ物にならない程の社会現象でした。)を企画した方が仰っていた話として記憶しているのですが、

「男性も女性も共に遊んでいる所に、抵抗なく入っていける女性は少ない。
男性中心の所に入っていける女性は、さらに少ない。
女性の大半は、『女性しか居ない所』に好んで集まる。
だから女児の100%をターゲットにするラブ&ベリーからは、男性の入ってくる要素を徹底的に排除しなければならない。」


との哲学で、キャラクターグラフィックも、萌えの要素が入らないよう、女児ドール風デザインとし、なかなかアニメ化しなかった理由も
「アニメになると、絵だけでなく声優ファンなどで、男性好みの要素が必ず入るから。」

という事だったそうです。

東京のように人の多いところでも、男女の住み分けは強く感じます。
新宿ミロードなんて、男性の通行が禁止されているわけでもないのに、ほとんど女性しか歩いていませんものね。

でも、カードゲームがそうなっても良いか、と言うと、話は違ってきます。
これから、完全に女性向けとして作られるTCGがあるとすれば、そこを狙ってもよいかも(絶対に男性が入ってこない)ですが、すでに男性ファンが付いているTCGでは、男性と女性の住み分けと、混ざる部分でのマナー問題の解決が、必要になってくると思われます。

■注意せざるを得ない
トーマ ‏さん
プレイをしていたわけではありませんが、とある大会でジャッジをしている時、女性同士の対戦でキャラを出す度に「うわぁかっこいい〜」「ですよね〜」と楽しげにプレイしていたのが印象的でした。

● いけっち社長
実に女性らしい、良い雰囲気ですよね。
でも、今のデュエルスペースだと違和感がある事も…やっぱり「違う場」が必要なのかなぁ。

トーマ ‏さん
これはちょっと続きがあって…見ていて微笑ましくは思ったのですが、あくまで『大会での対戦中』だったので「対戦中の私語は謹んで下さい」と注意をしなくてはならなかったのです…。
私の注意を聞いたお二人は「あ、すみません」と少し寂しそうでした…。

●いけっち社長
ああそうか・・・けど、ジャッジとして注意したのは正しいですね。彼女たちも不慣れだったのでしょう。やっぱ彼女たちも、普通に会話できるイベントがあったら、そちらに参加した方が楽しめたかも。


■そもそも、大会しか無いのがおかしくない?
ヤタガラタナカ ‏さん
明確な交流方法が対戦しかないのがよくないのでは。例えば好きなカード集めて作ったデッキ披露会とか。ファンデッキ、可愛いの、格好いいの、特定のコンセプトでまとめたデッキを見せ合うイベント。性能的に対戦で使えないけどイラストは好きとかありますし。

しみしみ@スパーク行けない…泣 ‏さん
個人的には、初心者にとって(イベント会場内で言う)
「遊び方教室<<<<<<フリー対戦<大会」のような壁がある気が…。
ルールはなんとなくわかったけど、自分で作ったデッキをルール上、正しくまわせているかと不安になるとと申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

ヤクモ@音響戦士SR ‏さん
初心者が楽しめる環境というのは、相手のペースに合わせたゆっくりプレイが心掛けられている、ちょっとした雑談も交えながらのプレイもできる環境ではないでしょうか。カードゲームを始めて間もない頃は、野試合でも緊張で手が震えてました。

●いけっち社長
連続して同様の意見をお読みいただきましたが、やっぱそうですよね…
だから、知らない人と強制的に対戦しなければならない大会イベントではなく、ファン同士で雑談して、気が向いたらファイトしよっか?みたいな場で慣れて、それから大会へ…という流れが良いと思うんですよね。

■動いて!公式!
みか@10/10女限VGCS先導杯 ‏さん 
公式が率先して女性のオフ会のようなイベントや、大会を開いたらいいのではと思います。大型大会の片隅に女性のファイトコーナーを設ける以外にももっと主役になるようなメインのイベントがあったらなぁと(^o^)
以前のバディのイベントはまたやってほしいですね!

●いけっち社長
そうなんですよね。僕もそう思います。
でも業界は「今までやってなかったこと」には腰が重いんです。僕の考え方としては、「今は数字になってないけど、あそこに需要があるじゃん!あそこを開拓しようよ、僕には見えている!(スタードライバー)」なんですが。

■女性向けイベント、やります!
みか@10/10女限VGCS先導杯 ‏さん
何か始めて見ないことには女性ユーザーはやはり増えにくいですよね。この間ブシロードさんにも意見として送ってみたのですが結局検討してみる止まりで。今個人的にVGの女性CS開催をしてみようとしてますが反応はしっかりあるので、大会自体は需要はあると思います。

●いけっち社長
個人で動かれますか!応援したいと思います。
ブシロードさんなら、女性イベントには定評がありますから、再び大きく動いてくださるかも知れませんね。
期待して良いかもしれません。

■カードゲーム女子会
カマボコのリ ‏さん 
カードゲーム女子会を行うなんてどうでしょうか??

●いけっち社長
僕も七年以上前からメーカーさんに訴えてきたんだよね。で、実際、やってくれたメーカーさんもあったんだけど、長続きしてくれない。
「色々と反省点があった」とは言うんだけど、そのノウハウを蓄積すると、違ったものが見えてくると思う。
普通の大会も、何百回とやってノウハウを蓄積したんだから、交流会も、何十回とやって、よりよいものにノウハウを積み上げていくべきだと、思うんだけど。


■交流会を
ほっぽとぱんにゃの椅子の清 ‏さん
「大会」以外のイベントの開催が重要かな?と思います。女性Pだけではなく初心者の男性や低年齢ユーザーに対してもですが。
 知らないことは怖いと思う人は大勢いると思うのですが、そういう人たちのニーズを満たすイベントがショップ単位では少ないと感じてます

■勝ち負け、以外の場を。
サイレント ‏さん
男性の場合はカードの勝負に重視する傾向があります。多分女性の方は勝負よりも自分の好きなカードに共感してくれることに重視されると思います。なので通常の大会よりも同人誌のオンリーイベントみたいな双方が語り合う場があればと思います。

筋肉@レッツゴー温泉 ‏さん 
大会ではなく、交流会だと思います。
プレーヤーが性別関係なく似たスタンスでデッキ組んでる人(キャラデッキ派とか)の対戦見て「次対戦してもらえませんか?」って気軽に話しかけられるイベントがあること。
その交流会で女性の顔見知りが増えれば壁は薄くなるかと。

まめた ‏さん
いっそのこと女性限定大会「のみ」を毎週、または2週に一度ほどのペースで「多く」開催すれば長くたのしめると思います。
問題が発生している以上は根本的な解決案とはなりませんが、問題をそもそも発生させないための意見として提案させていただきました。

■お茶会
むぅさん=ナツキさん@αドライバー さん
RTで回ってきて気になったので失礼します
当方女でTCGをやっています
私が思うに女性限定大会やカード解説しながらお茶会と言ったカードとの触れあいがたくさんあるといいと思います
あと男性も慣れてないとはいえ無愛想な方が多いのでそれも改善できたらなと


★僕なりのまとめ。

意見というものは、全てを採用することは不可能でも、聞いた人の中で必ず何かの影響を与え、考えを導いてくれるものです。

皆さんからのリプライで、僕なりの具体的な結論が出ました。

やっぱり、これですね。

メーカーが公式イベントとして、女性交流会を設定し、ショップに定期的に開催して貰うことです。

大会は、今まで通りあっていい。そこでのマナー問題も、徐々に解決していくべきでしょう。(方法については、いずれ)

しかし、「大会しかイベントの選択肢が無い」というのが、今、最大の問題になってしまっている。

交流会などの、「初心者や、むしろ積極的には対戦したくないファン(この存在を認める所からスタート)」への受け皿がなく選択肢がないゆえに、大会で嫌な思いをした人の、「再チャレンジの場」も無い。

そもそも楽しみ方の方向性が違う人同士が、大会という括りでごった煮にされているため、初心者にとっても、
「なんか、思ってたように楽しめない……やめるか。」
となってしまう、やめるきっかけにさえ、なっている。これが現実です。

大会イベントは本来、お客様へのサービスの為に行っているイベントです。なのですが、必要なイベントでも、入り口としてはハードルが高すぎて、頑張って入ってきた人達を、ふるいにかけてしまうという、「お客様を減らすシステム」としても働いてしまっているという、不都合な真実。

「不都合な真実」というものは、「知ってるけど、見ないようにしている物」いうやつで、メーカーのデータとしても、数字にはなりません。いや、「大会参加者」は数字に出来ますが、「大会で嫌な目にあって、やめてしまった人」は、数字化できないのです。

だから、「あるんだろうな」と思われつつも、無視されてきたポイントでしょう。

しかし、いつまでも無視していて良いものではありません。実害があるのですから。
(念のため言いますが、大会をやめろと言ってるのではありません。)

仮に、始まったばかりのTCGの大会参加者が30人居たとして、そこで嫌な思いをした人が、10人居て……次の大会に20人しか来なかったら、これは、
「大会のせいで、やめた人が大量に居た。」
という事になり、対策を講じるべき
ではないでしょうか。

つまり、本当はここは、仕事として何とかしてデータ化すべき数字であるし、それが不可能でも、

「10人と言わず5人かも2人かも知れないが、居ることは居る!」

という事実が確認できれば(今回のリプライを頂くまでもなく、はっきりしていたことですが!)、

「単に大会を行うだけでは、むしろお客を減らしてしまう。」

と危機感を持って対処するべきだ、という事なのです。

女性限定交流会のアイディアは、「大会に女性を参加させない」という考えではありません。

大会以外の選択肢を用意するアイディアです。

そして、いずれは大会にも挑戦したい、という方にも、練習の場として役立つ場です。

◯始めたばかりで、プレイも遅い初心者は、大会に出てもタイムオーバーなどで相手に迷惑をかけることもある。上級者も初心者も、お互いに気まずい思いをしないために、交流会で徐々にゲームに慣れ、普通にプレイできるようになる練習の場としても役立つ。

◯このゲームは好きだけど、大会は敷居が高い。知らない人と接するのが怖い、という人が、交流会を通して、不特定多数の人達と話をするのに慣れて、やがては大会に挑戦する。

◯大会で嫌な目に会った人が、ゲームそのものを嫌いにならないで済むよう、逃げ道としても交流会は必要。
心が癒えたら、また大会にも出れるかも知れない。


◯そもそも「対戦しなくても、好きなカードゲームの話題で盛り上がれる場所」があるだけで、来てくれるようになる女性ユーザーは、見えない需要としてどれほどの大きさがあるか、試す価値はある。

さて、一番目の所で少し触れましたが、今までは、初心者が「慣れている人」に怖い目に合わされる、という話ばかりしていましたが、実は逆もあります。

初心者に悪意は無いのですが、プレイが遅かったばかりに、それに真面目に付き合っていたガチプレイヤーが、タイムアウトで両者失格……という事も、あるのです。

これでは、双方不幸なだけではありませんか。

交流会を定期的に行うことで、大会にも、「不慣れな初心者が、いきなり大会に出て、ガチプレイヤーに迷惑をかける事」も、多少は少なくなるかもしれません。
これは、ガチプレイヤーのためでもあるのです。


元、カードショップフランチャイズ代表としての経験とノウハウから、実現可能な交流会のシステムを、提案いたします。


★TCG女性交流会の仕様
◯デュエルスペースの一部か全体を、前もって時間を告知してから、カーテンや仕切りで、中を見えないようにする。
(ロープ等で仕切るだけだと、ジロジロ見に来る男性が居ます。)

◯二時間から三時間の間、参加した女性達は、デュエルスペースを自由に使用して良い。対戦するのも、会話を楽しむのも自由。

◯大会と違って、スタッフ(女性)は進行を管理する必要は無いが、会話に入っていけない人をエスコートしたり、楽しめそうな方との対戦をマッチングしたりして、フォローする。

◯場が動かないようであれば、クイズ大会や景品のじゃんけん大会などで場を盛り上げる。

◯大会と違い、どの時間から参加しても、退会するのも自由。メーカーから配布された参加賞は、参加した時に渡される。(この参加賞は、大会参加賞と同じものであることが望ましい。)


◯このイベントは、内容の動向やアンケートの結果から、どんどん仕様を変えていくべき。
カードゲームの大会も、二十年に及ぶノウハウの蓄積から、フロアルールが出来たのであるから、「交流会」にも同様のノウハウの蓄積が必要なのは覚悟するべき。
より良い、初心者と女性が楽しめる環境作りのため、トライ&エラーを恐れてはならない。


ご意見を下さった皆様、本当にありがとうございました。

メーカーの皆様、交流会の公式イベントとしての採用、是非ご検討お願い致します。


次回は、予告していた2007年夏のお話をしたいと思います。


おまけ↓
お送りいただいたリプライの中から、他にも幾つかご紹介。

■突然の斬夜
ありあわせブルース『カンゲツ』 ‏さん
斬夜くんがおしゃべりな女子を嫌いなのの逆の発想でトークに特化したゲーミングを意識してみるというのはどうでしょうか。
TRPGやんなさいってハナシなんですが、マジックの銀枠で前例はあるし、《Propoosal》みたいな素敵なものも作れます。

◯いけっち社長
思い出した!トーク特化ゲームと言えば、実はエヴァンゲリオンのTCGがそんなだった!
みんなでプレイヤーに「おめでとー」「おめでとー」「ありがとー」と言い合ったりして「補完するゲーム」で……ルールが、と言うより、ノリが難しいゲームだった気がする。
けど、楽しめる人も居たとは思いますね。ありなのかも。

しかし斬夜なあ。(笑)

斬夜のやつも、ああ言っているが、本当の所はどうなのやら…(笑)
単なるテレなのかもしれない。女子が嫌いなんだったらメガネは割れんだろう。意識しすぎなんジャマイカ。実際、小6だしねー。
ゴジラの第一作映画で、科学者が、
「古代生物が放射能を浴びて巨大化した存在と思われる。」
と言ってますが、「思われる」であって、その通りだとは、実は決まっていないんだ。
何しろその脚本には、「科学者がそう言っているからといって、そうと決まったものではない」とのメタファーが込められていたとも言われている。だから……ね。
台詞から裏読みするのも、そのまま受け取るのも、自由だけどね。

おっと、今はバディファイトの話関係ねー。(笑)


■「女性向け」のカードゲーム
水夏@審神者はじめました ‏さん 
自分はどっちかと言うと美少女物は興味ないのですがTCGって基本美少女系多い気がするんですよね。スリーブも女子が食いつきそうなものは初回生産分のみとか…もっと女子も入れるようなTCGを作ってほしいなとは思います。

●いけっち社長
アリスクロスという、女性向けに特化したTCGがありました。このTCGの最も評価すべき点は「相手を倒して勝つ」のではなく「先に物語を完結させた方」がゲームに勝利するという点です。相手を「攻撃」するのが本質的に苦手な人に、優しいシステムでした。


■楽しんでいます。
asknow ‏さん
自分はWSのプレイヤーですが女性はキャラ(作品)が好きでプレイしている方が多く丁寧にプレイしてくださる方も多いように感じています
好きな作品でプレイできるゲームなのでより強く感じるのかもしれませんが自分は楽しくプレイできていると思っています

●いけっち社長
とくにどこのメーカーが良い、悪いと言うつもりはありませんが、客観的に見て、ブシロード系TCGは、女性向けのフォローが比較的しっかりしていると思います。実際、公式イベントでの女性参加率、再参加率はトップレベルでしょう。


■物語を読む
私の周りの女性ユーザーは、ゲームの"物語"を重視してる方が多いように感じます。一回のプレイにカード同士のドラマ性が詰まっていると楽しめます。フレーバーテキストなどから"ゲームの世界"を想像し、事前共有して広げていると、ビルドからプレイまで楽しめるかと。

●いけっち社長
ゲームの物語!いいねえ。僕もバディファイトでは、フレーバーテキストに結構力が入ったから、煉獄騎士団のフレーバーテキストが好き!とか言ってもらえると、大喜びしてますよ。

■すでにそこへ目指したものがあった。
みすまる@0919ハマスタ ‏さん 
この問題はNPBと同じルーツ(どうすれば女性野球ファンが増えるかを模索する)があるなと思いつつ、アクエリアンエイジをプレイしていた頃は「オリオンの少年」シリーズを一か八かで打ち出したおかげで長期的には男女の性差が緩和されていたのではないかと考えました。

●池っち店長
オリオン!懐かしいな。確かに、女性が少し入ってきた気がする。
企画は素晴らしかったから、もっと売れても良さそうな商材だったんだけどなぁ。
ほぼバニラしか無かったのは、初心者に優しくする為だったと思うけど、今までのカードと戦力的に差がありすぎたのが、もう一声!って感じでした。


■手本となる漫画を
しゃまこん@夏ぎつね さん
TCGを通じてプレイヤーが成長したり、今現在の傾向などが描かれたマンガやコラムを配布する。もちろん、それなりに女性向きな要素を付け加える

●池っち店長
あ、これ良いかも。女性向けの、こうやってTCGに慣れていこう、ってのを啓蒙する漫画ね。
僕がまた将来、新しいTCGを作ることがあったとしたら、女性を主人公にしたガイドブックも作ってみよう。
そういえば富士宮風音というキャラクターには、そういう女性プレイヤーの先導者としての属性も考えてたかなぁ。


■自分の経験
もりゑ ‏さん
立て続けにリプライ失礼します。文章が長くなってしまいましたが、お暇な時間にでも読んで頂ければと思います。→ http://privatter.net/p/1010123 

●いけっち社長
まさに僕がお聞きしたかった、「自分の経験」を、分かりやすく読ませていただきました。ありがとうございます。
「大会に行く心構えのある女性」と「大会に行く勇気が持てない女性」は、どっちの方が多いのか分かりませんが、僕は貴方のような方も楽しめる環境になってほしいと思います。


■のろけ
いさじ@水陸両用 さん
彼女とのコミュニケーションツールとして、MTGを選択し、楽しく遊べました。ワンデッキデュエルや、シングルトン構築の対戦が、特に喜んでもらえました。何が飛び出すかわからない、くじ引きみたいな部分が楽しかったみたいです。

●いけっち社長
それだ!いやぁ、実は僕も、嫁さんとの出会いはMTGでして。
面白いことも、ギスギスすることも、信頼のある二人なら楽しく分かち合えるんですよね。

いさじ@水陸両用 ‏さん
ゴールインなさって羨ましいです。MTGができるお嫁さんって、いったい何マナ払えば来てくれるんでしょうか(笑)
ワンデッキだと特に、「お、いいカード引いたね」とかいう会話ができる上に、構築に気をつければプレイングの差も出にくくなって、良いと思います。

●いけっち社長
マナ召喚は不要でした(笑)
クリスマスに奥さんの靴下にプレゼントのレアカードを入れたのは良い思い出です。
僕「おや?サンタさんからのプレゼントかな?」
奥さん「わーい、何かな?ぶぅっっ!『憎悪』4枚!
俺「『それでもまだ十分じゃないんだ』

 
コメント
始めまして、非常に興味を持った記事なのでコメントを書かせて頂きます。
当方もTCGを10年以上やっており、その中で女性プレイヤーと対戦する機会やお話を聞くこともありましたが、一番印象に残っていたのは「店そのものがイヤ」という事でした。その方によると通路が狭い上に、男性客がショーケースからどかないので商品を見に行けないと言う点、その中での一部客からの異臭、対戦中の差別やセクハラ(匂いを嗅がれる、胸を見つめる等)、さらにスタッフもサービス業にあるまじき態度等、尋常ではないストレスを感じたのかもう2度と店には行きたくない、TCGなんかやりたくないと言われたのを思い出しました。
女性プレイヤーがお店に来ない(来れない?)理由もあると思われます。まずは明るく、入りやすい店作りをし、スペースも同じにするのでは無く例えばスタッフの目につきやすい位置に、2人用テーブルでも良いので女性専用スペースがあると安心してプレイできるのではないでしょうか?
拙い文章でしたが、少しでも多くのプレイヤーが増えることを望み書かせて頂きました。
  • ナイスミドル
  • 2015/10/01 9:43 PM
こんにちは。軽い気持ちで寄ってみたら凄く気合いの入った文章が展開されていておののきました(º﹃º )10分以上かけて全部見てしまいましたが(笑)

本当の意味でカードゲームで皆が楽しめるようになることを祈ってます。
  • ライオンok
  • 2015/09/24 3:18 AM
初めてコメント致します。
私のまわりにも2名ほど痛々しい輩がいます。

おそらく高卒後間もないのだと思いますが、シャカパチは当然のこと、対戦相手見下し、奇声、荷物でデュエルスペース塞ぎ、更には大会でコスプレと、やりたい放題でございます。
彼らが来ている時は、例え親友がいようと行きません。
店にいる時に来たら、逃げるようにフェードアウトします。

古本・中古ゲーム屋の中にあるカードショップなので、世代を問わず様々な人が利用しています。
その中でそのような行動をするのですから、カードゲームプレイヤーとして恥ずかしいですね。どんな教育受けてんだよと。



  • mallet
  • 2015/09/18 11:50 PM
ツイッターで、意見を出させていただいた者です。とても丁寧にお答えくださり、気遣ったりしてくださってありがとうございます。ユーザーのことをとても真剣に考えてくださってるのがわかり、嬉しく、ありがたく思いました。この場を借りてお礼申し上げます。
いけっち店長さんの描くTCG環境の実現をたのしみに、また応援しています。
失礼しました。
  • rio
  • 2015/09/10 9:21 PM
すいません。
文中の「金澤直子」は多分私の事ですが、金澤尚子です。

トイレについてくる、帰りにストーカーまがいの事をする。これらは「本人が一緒に遊んだから(ゲームをしたから)友達になった」と勘違いしているケースが多いとの事ですので、主催者の方から一言あるとこういった事例がなくなる事がおおいとの事でした。

詳しくは「ぴよぷー生活1」にて。
宣伝でした。
  • 金澤尚子
  • 2015/09/09 10:29 AM
池っち店長さんはじめまして。ブログやツイッターをいつも楽しく拝見しております。

先月の秋葉原でファイトしていただきありがとうございました。(デスタリカのデッキを使ってた者です)たくさんの人がいるところでファイトすることがはじめてでしたので実はとても緊張したのですが、やさしくお相手していただきありがとうございました!お話がたくさん聞けて楽しかったです!

私はバディファイトからカードゲームをはじめた初心者(女性)なので、今回の記事はとても勉強になりました。大会に出たことはなく、友人と遊んだり公式イベントでの9戦ファイトに遊びに行くくらいですが、腕試しをしてみたい気持ちもあるので大会にも興味があります…。あるのですがショップに行くのにまず緊張してしまうので、もう少し気楽に参加できる交流会、すごくいいアイディアだと思いました!


長くなってしまったのですが、とにかく先月はありがとうございました!楽しかったです!
  • かぼぽん
  • 2015/09/08 3:42 AM
こんにちは、はじめまして♪
ツイッターでRTされてきたので初めてこちらのサイトを知り、楽しく読ませてもらいました♪

私は昔にカードゲームをやっていたのですが、こちらに書かれているような色々な理由が元で止めてしまいました。
いけっち社長さんが提案されている様なカタチのカードショップがあれば、また再開したいなぁとか思いました♪

あと、一応誤字のお話です。
昔のTRPG現場というお話の中で「金澤直子」さんと書かれている部分がありましたが、もしかしたら「金澤尚子」さんではないでしょうか?
もしそうだとしたら、ご本人様もカードゲームを遊ばれているところからこちらのお話も見るかもしれませんし、よろしかったら直された方が良いと思います。

これからも楽しく読ませてもらおうと思います、ありがとうございました♪
  • しぃの
  • 2015/09/07 10:35 PM
僕もファンデッキを作ることを趣味にしていました。
アドバイスが欲しいかどうかを訊くのではなく、その人にとってのそのデッキの魅力を訊いてみるのはどうでしょう?
それならば、自然な形でアドバイスもできると思いますよ。その人にとってのキーカードでなければ外せますし、「○○を入れる事も検討してみては?」程度の相手に課題を与える形ならば、角が立たない様に思います。
ファンデッキといえども、勝てることを目指すものですし、アドバイスはして欲しいですね。
因みに僕は田舎暮らしなので、女性プレイヤーは未だ見た事がありません。
  • ストラップ
  • 2015/09/07 10:33 PM
これは女性に限った問題ではないのですがうちの周りのカード屋でよく見る光景なので書き込みます。

レジの前で店員と常連と思われる人が話してて
その中で僕がショーケースのカードがほしいとレジにいた店員に話しかけると常連の人があからさまに嫌な顔をしたり舌打ちしたりと、常連の作る雰囲気というか、そういうのが苦手な人もいると思います。

レジふさぐの本当にやめてほしい。
  • エベリャデュ
  • 2015/09/06 1:16 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 遊戯王の新ルール変更に伴うアンケート調査の結果&池っち店長の立ち位置の再確認
    ポリペリ (04/22)
  • ファイアーエムブレム0(サイファ) 公式ガイドII で、デッキ記事監修をさせて頂きました。
    ウリス (11/08)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    ナイスミドル (10/01)
  • フューチャーカード・バディファイトの原作者としての仕事と、別れについて。
    なななななし (09/30)
  • フューチャーカード・バディファイトの原作者としての仕事と、別れについて。
    ミナルーシェ (09/26)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    ライオンok (09/24)
  • フューチャーカード・バディファイトの原作者としての仕事と、別れについて。
    ガスタ (09/21)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    mallet (09/18)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    rio (09/10)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    金澤尚子 (09/09)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM