遊戯王の新ルール変更に伴うアンケート調査の結果&池っち店長の立ち位置の再確認

  • 2017.04.21 Friday
  • 22:09

ご注意・今回、長いです。「分割すればよかったのに…!」というご意見もあるでしょうが、僕はあえて一挙掲載の道を選びました。お許し下さい。

全てにお付き合い頂く必要はございません。興味を持って頂けた部分だけお読みいただければ幸いです。

ただし、叩くつもりの人は、全部読んだ上でないと、意味が無いことを先にお伝えしておきます。

また、池っち店長を叩いている困った人が周りにいる人も、数日に分けてでも良いので、宜しければ全文お読み下さい。(事情が有ります)

では本文。

 

先日、僕のツィッター上にてご意見を募集しました、『遊戯王の新ルール、好き?嫌い?』と、『一年後、遊戯王のユーザーは増えてると思う?減ってると思う?』の2つのアンケート。

 

結果、双方ともに、2000人を超えるサンプルが集まりました!ご参加いただいた皆さん、マジありがとうでございます!

 

さて、こんだけ沢山の皆様にご協力頂いた以上、ブログの一本ぐらい、書く必要があるでしょう。
なので今回、このデータを元に、少々論じてみたい事があるのですが、その前に!

 

実はこの記事を書く前に、同様の記事を3回も書いて、全部ボツにしてるんですよ。

 

なんでかっつーと、

「池っち店長が書いた記事や意見は、何でもかんでも叩いてやるぜー!」

という気狂いが居るからです。

 

「気狂い」という言葉を使うな!という人も居るでしょうが、事実は事実ですし、被害者である僕にはそれをいう権利があると思うんですよ。

 

少なくとも、この言葉を使う事が法律で縛られている訳でもない以上、適切・不適切を論じるのは個人の自由ですが、僕からこの言葉を使う権利を奪うことは出来ません。


……ほらね?「気狂い」という言葉を使うだけで、こんだけ「説明」「言い訳」をしなければならない。(実証が終わったので、こここからは少しマイルドに「屑」と呼びましょう。)

今回のアンケートに関する記事を、どう書いても、こういった「とにかく叩こうとする輩の為に、先回りして理論武装しておく」なんて面倒な事を繰り返さなきゃならない。

 

うん。そうなんです。いちいち揚げ足を取ろうとする屑ばかりじゃない。

むしろ、普通に、特にファンじゃなくても常識的にニュートラルに、僕の記事を読もうとして下さる方が殆どでしょう。 (多分、あなたもそういうマトモな人)

 

そういった方々にとっては、理論武装の部分は回りくどいだけで、

「ええから、はよ本題入れ!」

と思うでしょう。


……ね、今だってそう思っていらっしゃる。(笑)

 

だから、屑に叩かれないようにしようと理屈を書くのは、普通の人達に対して不親切。蛇足です。

 

よって今回、記事の最後に、ズバリ箇条書きで、曲解しようの無いように、僕の記事の読み方の「注意事項」を書いておく事にしました。

 

これを曲解したり、邪推 (邪悪な心根で裏読みする事。つまり邪推する本人が邪悪。) したりする人は、その時点でダウトですよね。だってハッキリ、注意書きに書いてるんだから。

 

一部だけ抜き出して叩いている人が居たら、その人は卑怯者。そういうのを見かけたり、読んで影響された人が居たら、一次ソースであるこのブログをご紹介頂ければ、幸いです。

 

 

■本題


先程も申しました通り、両方ともサンプル数2000人突破。これはありがたいですね。

 

何がありがたいかというと、統計学では、2000サンプルあれば「それは正しいデータである」という、一定の権威を持つ計算式があるのです。

 

世論調査におけるサンプリング数の決定
http://www.wound-treatment.jp/next/wound225.htm

 

時折、テレビやニュース、雜誌記事などで「2000人のアンケート結果……」というワードが出て来るのは、こうした根拠があるんですね。

アンケートに権威があるかどうか?偏っていないかどうか?

「ツィッターじゃなぁ」

「結局池っち店長繋がりでしょ?」

とまぁ、「主観」では何とでもいえます。

しかし、とうぜん僕は今回、アンケート文のなかで思想誘導などしませんでしたし、更に、僕をフォローしていない広範囲の人達の意見を取り入れるため、皆様にリツィートをお願いしました。

ご覧の通り、リツィート数もかなりの数です。出来得る限り真摯に、広範囲の意見を集めさせて頂けたと思います。

おかげさまで今回のデータは、軽々には無視できないデータになったと言えるでしょう。反証には、今回のアンケートに参加してくださった、2000人以上の方にも納得して頂ける根拠が必要になるでしょう。


もちろん、時期とスタート地点(アンケートの発信者)が違えば、違う結果が出るでしょう。

なので、ご納得のいかない方は、ぜひ同様のアンケートを実施されるのが良いと思います。

 

ただし、できるだけ偏りの無いよう、オープンな場でのアンケートでなければならず、2000以上のサンプルがなければ、データとして信用はない、というルールはお守り下さい。(ただし、時間が立てば経つほど、新ルール肯定派が増えるのは、当然の流れになると思われます。理由は後述)

 

とはいえ、別のどのようなデータが出来たとしても、どっちにしろ今回のアンケートも決して無視できないデータです。

参加して下さった2000人以上の方々の意見の、総意なのですから。

今回はこれを論拠に、色々と考察してみましょう。


 

■今回のアンケート実施の狙い 

さて、何故今、このアンケートを行ったか?

それは、「ルール改定騒ぎ」が少々落ち着いてきたところ(新カードが発売された)で、僕自身、

「実際のところ、皆さんどうなの?」

を、純粋に知りたかったからです。

 

何といいますか……そろそろ逆に、無言のプレッシャーを感じませんか?

未だに新ルールについて文句言ってると、むしろ「いつまで言ってんだ」「前向きに捉えようぜ!」と、「前向きな意見だけが正しいという正論の暴力」で押さえつけられるという……

 

おかしくね?酷い目に会ったのは事実なんだし、嫌なものは嫌だと言う権利はあるでしょう?!

 

アンケートの結果からは、そうした人達の、無言の抗議が感じられます。

 

僕は今回のデータを元に「遊戯王、やっぱりやべぇよ!」と騒ぎたい訳ではありません。

むしろ逆で、根拠の有るデータを元に、皆さんと一緒に事実を認識し、問題意識を確立した上で、冷静に今後の事を考えたいのです。

 

「今の遊戯王は問題だ」 「いや、問題じゃない。騒ぐな」

 

という不毛な水掛けを終わらせるには、まず「議論の一里塚」を作る必要がありますからね。でないと前に進めない。

今回、過半数がネガティブな意見なのですから、結論として「問題はある」と考えるのが自然でしょう。


10年前。

「ミサイルは飛んでこない」

「北朝鮮がそんな技術を持てるはずがない」

「飛んできたらどうするんだ」

「作れたらどうするんだ」

「作れねーよ!」

 

現在。

 

「作ったじゃねーか!」

「撃たれねーよ!撃たれたとしたらアメリカのせいだよ!」

「誰のせいとかじゃねーだろ!作れない、問題など起こらないって言ったの誰だよ!」


不毛っすよねー。

こんなアホな失敗を、TCGでもしたくありませんよね。


問題があるなら、直視し、対応策を講じる。それが正しい考え方です。

 

今回のアンケートは、「問題があるのか、どうか」少なくとも「ユーザーは問題があると思っているのか、思っていないのか」を調べ、生産的な議論を行うための、「土台」でした。

結果はこうでした。

 

■新ルール、好き?嫌い?

アンケート結果を見ると、ルール改定が発表された直後の反応と比べて、新ルールを肯定する人が増えている感じです。

 

34%の人が、新ルールを好きだと答えています。かなり「受け入れられた」といえるのではないでしょうか。

 

アニメが放映され、二ヶ月も経つと、このパーセンテージはもっともっと上がると思います。一年経ったら、完全に「新ルールが好き」が過半数を超え、逆転するんじゃないかと思いますね。


 

……騙されましたか?

 

そうです。そうなるのは当たり前なのです。

 

だって、この後も新ルールが嫌いな人は、ドンドン遊戯王そのものをやめていくから。アンケートに参加しなくなるじゃないですか。

 

一年後に再びアンケートを取ったとしても、その時に答えるのは、新ルールを受け入れ、遊戯王を続けている人達です。
当たり前ですが新ルール肯定派が勝ります。

 

仮に一年後、同様のアンケートを行って、「肯定派が勝った!」と云うのは間違い。
やめた人の数がわからないと、成功か失敗かはわかりませんよね。

 

とりあえず、今回のアンケートでハッキリしたことは。

66%の大多数が、新ルールを嫌っている、という事実です。

 

うん。気持ちはわかる。

 

だって、今まで大事にしていたデッキが使えなくなったり、使えたとしても使用感がぜんぜん違う……少なくとも、
「自分が好きだった遊戯王とは違うゲーム」
になっちゃったんですからね。

 

ゲームとして面白くなったかどうか、なんて関係ない。違うものになってしまった以上、ごっこ遊びのツールとしては、「昔の遊戯王を再現したい人にとっては、終わり」なのかもしれません。


また、「以前のルールは、先攻制圧ゲーだったが、それが緩和されて低速なゲームになるなら良いじゃないか。」

という意見がありました。

 

これ、僕も最初は賛成していました。低速になるなら、外道ビート復活かな?なんて(笑)

しかし恐ろしい事に、新ルールでも、「リンク召喚モンスターによる先攻制圧ゲー」である事が、解ってきました。

なんのこっちゃ!でございます。


「とりあえず三割強は、新ルールを喜んでいる」

という事実を、良いとするか、どうか。

うーん……どう肯定的に考えても、「過半数が喜ばない変化」はダメだってのが、民主主義的には普通な考え方なんじゃないかなぁ……

ごめん。この結果は、前向きにフォローできない。(笑)

しかし、この三割の人達を、コナミは本当に大事にするべきだと思う。コナミさん、この方達はガチで大切なお客さんですよ!舐めた扱いしたらアカンで!


■一年後の遊戯王は?
 

次のアンケート結果を見てみましょう。

ここに本文を記入してください。

簡単に言うと、「ユーザーの皆は、遊戯王の将来が明るいと思っているか、暗いと思っているか」の、イメージ調査です。

 

理論的に「こうだから、伸びる」「こうだから、市場が縮む」と各々考えていらっしゃる方もいると思いますが、大体は「イメージ」でしょうね。

 

「イメージ」は伝播します。場所によって全く異なる場合もあります。だから僕も、自分の身の回りのイメージだけでなく、広範囲での「イメージ」はどうなのか、数字で見てみたかったんですよ。

 

で、アンケート結果は……

うわぁ……(ドン引き)

 

これはちょっと、想像以上に酷い気がします。ネットって、悲観的なデータが集まりやすいんですかね……いや、そういったバイアスを掛けて見るのは、卑怯だな……バイアスを掛けて見るのは、答えて下さった方々に申し訳ない。

 

実に、71%もの人達が、「遊戯王の将来は暗い」と考えている!

 

遊戯王が伸びる、と考えている人は、何と29%しかいません。

新ルール肯定が34%いて、それより低いと言う事は、

「僕自身は新ルールを楽しめているけど、遊戯王そのものは人気が下がるだろうね。」

冷静に捉えている人が、結構いるという事ですね。


七割以上のユーザーが!自分のやっているTCGに「将来性は暗い」と考えている?!(全員が遊戯王をプレイしているとは限らないが……)


うーん、そう云うとお先真っ暗な気がしますが……

僕としては、それ自体はあまり問題じゃないかな?と思います。

 

なぜなら、遊戯王は、例え売上が半分になっても、作り続けられることが理論的にハッキリしているからです。
 

例え五分の一になっても多分続きますね。

五分の一になっても、売上はバトスピより、ヴァンガードより上です。つまり、アニメは続くし、十分に利益も出る。遊戯王は終わらない。

 

終わらないなら、「遊戯王にとっては」大きな問題ではないではありませんか。

 

ええ、勿論、別の所に問題があります。

お店の売上が立たない。

 

しかし、今回のアンケートの眼目はここです。遊戯王がダメにならなければいいな……と「運を天に任せる」のではなく、現実をみて、遊戯王が駄目になった時の為に、今から準備する事を考える。

 

例えば、遊戯王の売上が下がっても、他のTCGがそれ以上に売れれば、業界的には問題ありません。

それが可能かどうかは、話が別ですが、それも含めて考えてみましょう。


■誤解のないように。

ここまで話しておいて何ですが、遊戯王の売上が大きく落ち込むと、現時点では決まった話ではありません。


僕はここまで一言も、「アンケート結果がこうだったから、遊戯王の売上は絶対に大きく落ちる!」とは言っていません。

 

ただ、一年後の遊戯王を悲観視している人は七割強ですし、更には、二割以上の人達が、「壊滅的に減る」とまで考えています。

こう考えている人が多いからと言って、そうなるとは勿論限りませんが、「やめどきかな」と考えている人が多い事は予測できます。

 

さて。

 

では、TCG業界の衰退を望まない者達……僕は当然ですが、同様に考えてくれている、ユーザーとショップの方々は、何か手を打たなければなりません。

 

打つべき手は何か!

 

◯新ルール準拠の、遊戯王の面白さを伝える。

◯遊戯王に嫌気が指した人に、他のTCGの楽しさを伝え、誘導する。

 

この2つです。

 

いうまでもありませんが、大切なのは今の遊戯王そのものではなく、TCG市場全体です。

遊戯王をやめる人を止められなくても、TCGその物を続けてさえ頂ければ、僕は良いと考えています。

 

遊戯王の事だけを考えている人も、今回に限っては、そう考えるべきだと思います。なぜなら、他のTCGでも、続けてさえ居てもらえれば、再び遊戯王に帰って来てもらえる可能性が高いからです。

 

居なくなったら終わり。居てもらうことが大事。

 

僕は、バディファイトの原作作業で三年間離れていた時以外、TCGの動画をずーーーーっと作り続けてきました。

 

目的はひとつ!

TCGのユーザーを増やすためです!

 

遊戯王の動画を作り続けてきたのも、その楽しさを一人でも多くの人に伝えるためです。

Dmと遊戯王以外の、僕がプレイしていないTCGの動画までも作ってきたのは(他の出演者が出ているものでも、基本的に僕がゴーサインを出した動画です。)、TCGの入り口を増やすためです。

 

僕は、TCG業界発展のために働いてきたつもりです。偉そうに聞こえるかもしれませんが、ここで卑下するのはむしろ良くない事。一貫して、TCGとユーザーの方々に恩返しし続けてきたと自負しています。

 

なので今回も、具体策に出ましょう。

 

遊戯王をヤメロとは、勿論言わない。

 

しかし「遊戯王の新ルールに納得がいかない」あるいは「コナミは少々痛い目にあうべき」とお思いの方は、以下のTCGを初めて見ては如何でしょうか?!

 

★ヴァイスシュヴァルツ


息の長いTCGで、ユーザーもあちこちに居るから寂しくない。
古くて強いカードが無いと勝てないのでは?という心配もナッシング。好きなタイトルから初められます。

http://ws-tcg.com/

最近発売された『この素晴らしい世界に祝福を!』『ViVid Strike!』『チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜』からは、トライアルデッキがトライアルデッキ(プラス)となってパワーアップ。
最初からかなり強い。

実際に現場からも、

「遊戯王ユーザーの多くがヴァイスシュヴァルツに流れている」

と聞きます。

一時避難でもいいので、とりあえずお試しするだけの価値はあるかと!

 

★ヴァンガード


http://cf-vanguard.com/
今も勿論、ユーザーの多い人気タイトル。昔より運ゲー要素が減って、プレイング、またはシステム理解度による知識ゲーの様相を醸してきたので、遊戯王ユーザーにはむしろ馴染みやすく成ったかも。

今始めるなら、やはりスターターがお勧め。昔のカードが行化されている流れは、これまた遊戯王と同じです。
http://cf-vanguard.com/products/trial/gld03/

スリーブサイズも変えなくていいのが何気にメリット。

 

★ゼクス


ユーザー数は上記と比べて少ないけど、地域によってはバリバリ元気なので、周囲の状況を確認の上チャレンジを。
とは言え、自分の力で地域に根付かせる!という挑戦もありもや。

https://www.zxtcg.com/

今現在も「無料で初められる」のはゼクスのハードル低いところ。
お店に行ってカードシートを貰ってくればOK。

ゲーム性が面白いのは間違いない。でなきゃここまで生き残ってない。
イラストも良くて、ユーザーとメーカーの距離も近い。この「近さ」が遊戯王には無かった新鮮な魅力に感じるかも?!

 

★ウィクロス


アニメ面白いぞ!僕は「女の子が酷い目に遭うアニメ」が苦手なので途中で切ったけど、引き込まれるストーリーなのは間違いない。
http://www.takaratomy.co.jp/products/wixoss/
遊戯王もアニメから入った人なら、TCGを始める前に、ウィクロスのDVDを1枚レンタルしてくるのは、無駄に投資にならないだろう。そんで気に入ったらTCGもやってみりゃ良いよね。

個人的には、女の子のキャラクターが「ママ」とか「グズ子」と解りやすいのが偉いと思う。キャラが解りやすいって事は、入りやすいって事だ。

あと、イラストの萌えっぷりは、個人的にTCG業界トップクラスだと思うし、カードの加工もセンス抜群!美しい!


★デュエル・マスターズ

http://dm.takaratomy.co.jp/

僕が個人的に一番オススメするTCGだけど、うーん、最大手過ぎて、結局柱の数が増えないことにはなぁ……

と言うのは僕の勝手な都合なので、皆さんにはキチンとお勧めしておこう。
言わずと知れた遊戯王の国内最大のライバル。共に競い合ってきた……のかな?コナミの販売戦略を見てきた僕としては、あんまり遊戯王がDmから学んだ点は無い気がする……逆にDmは色んなTCGから学んできた。ルールサポート、商品内容、イベント、どれも安心してどっぷりハマれるぞ。この「安心感」は、中々他では味わえない。

大会環境一つ見ても、デッキの種類は千差万別。遊戯王と違って「ありえるデッキ」(つまり、握っていて馬鹿にされないデッキ)が、めっちゃくちゃ、沢山ある!
構築の自由度も奥深さも、君をきっと満足させるだろう。その上始めやすいとか、欠点を見つけるほうが難しいぐらいだ。

始めるなら断然、いまコンビニでも追いてるスターター、『ジョーのジョカーズ』がお勧め。
最初から歯ごたえのあるややこしいデッキが好きなら、『キラのラビリンス』でOK!

カードキングダム動画で盛り上がり、楽しめるのもDmのおすすめポイント!(笑)


★カオスTCG

http://chaos-tcg.com/
ヴァイスシュヴァルツよりはガッツリしたTCGシステム。
最近は「けものフレンズ」が発売して、これがもう、コレクションアイテムとして超おすすめ!
信じられないだろうが、1ボックス160枚開封して、なんとダブったカードがたったの2枚!!
開けるの楽しすぎ!

 

★ファイアーエムブレム・サイファ


https://fecipher.jp/
発売して1年以上経過し、実は何と昨年売上対比を上回っているという、隠れたヒット作。
美麗なイラストが素晴らしい。こりもまた、スターター買ったら直ぐ初められます。


★プレシャスメモリーズ

http://www.p-memories.com/

ヴァイスシュヴァルツみたいな、色んな作品タイトルの入ったTCG。
発売元がムービック、つまりカードラボさんの親会社なので、ご近所にカードラボさんのある方にはお勧め。イベントも厚めに行われている筈。
ムービックさん絡みなので、作品の画像トリミングや素材は、かなり良いものを使っている。コレクションカードとしても良いと思われ。


他にも色んなTCGがあるけど、全部は無理なのでこの辺で。(紹介してないTCGに他意はない。あんま詳しくないだけ。)
他のTCGが気になる方は、タイトルで検索して公式を見るとOK。大体のTCGは、どうすれば初められるか紹介してくれてると思う。それが無いTCGは……つまりそういう所に気が回ってないって事なので察し。

 

本文終了

 

さて、此処から先は、頼みもしないのに、あら捜しと揚げ足取りに血煙を挙げる人達(僕が嫌いなら寄ってこなきゃいいものを、わざわざ来るのは変態か誰かを叩きたいだけの屑に違いない) に対して、先に反論しておく「蛇足記事」でございます。

ごく常識的に文意を読み取れる人達にとっては、「そんなの、わざわざ書かなくても解ってますよ」という話でございますが……

 

もし、身の回りに池っち店長の事を悪く言う人が居たら、よかったらご一読下さい。

 

んでもって、その人をギタギタに論破して頂ければ、幸いです。(笑)


■注意書き

◯池田は、遊戯王をディスろう、サゲようとしているわけではない。
そう思い込んでいる人間は、「池田は、カードキングダム動画でずっと遊戯王の楽しさを伝え続けてきた人間だ」という、誰が見てもハッキリしている事実から、顔を背けている。

 

◯池田は、遊戯王に敬意を持ち、盛り上げようとしつつも、問題的は問題点として指摘してきた。
言うまでもなくこれは、サゲではなく、より良いTCG環境のためである。
「好きなら文句言うな!」
という人間は、思考停止した『狂信者』であり、そういう人間を池田は憎む。しかし、むしろTCGの民度を下げているのは、そうした思考停止だ。

 

◯例えば池田は、GX時代、動画で「人気キャラクターのデッキを、ちゃんと強いカードで発売すべきだ」と意見したが、それについても噛み付く者が居た。
「遊戯王に飯を食わせて貰っておいて、文句言うとは何事だ」と。
去年発売したキャラクターデッキは、多くの人達に「こういう商品を待っていた」と絶賛され、遊戯王回帰のキッカケになった事は記憶に新しい。
池田が言ったから作られた訳では無論なく、コナミさん自身の企画だろうが、池田の意見は間違っていなかったと言える。

 

◯「池田は、自分の作っているTCGに誘導する為に、遊戯王を貶めようとしている」
この意見は、狭量な性根から出る発想としか言いようがない。
TCG業界そのものが小さくなって、池田に何の得があるのか。
そもそもドミネイターの発売はまだまだ先。ぶっちゃけ、他のTCGが売れまくり、新作TCGも出まくって、活気がある方が好ましい。
新作TCGも、そうした状況でこそ売れるのは、歴史が証明している。「やってるTCGが多いと新しいものが売れない」のではなく、逆で、「何をやっても対戦相手が居る」という、流行っているTCGが多い状況のほうが、ユーザーが安心して新規TCGに手を出してくれるのは、ハッキリと結論が出ている事実なのだ。


遊戯王の売上が落ちることは、好ましいことではない、と池田が考えている事は、ここで明言しておく。

だが、それと同時に、新ルール発表時に多くのユーザーが発言していた、
「コナミは、一度痛い目にあうべき!」
という意見に、完全に同意している
のも事実。
この2つは背反しない。
「そんなこと言って、コナミが遊戯王を作るのやめたらどうするんだ。」
と云うのは、奴隷根性だ。
北朝鮮の恫喝に唯々諾々と従うような人間の態度だ。(コナミと北朝鮮は同一視していない。対応する人間の受け身でおどおどした考え方を「同じだ」と言っている。)

納得行かない事には、明確にノーを突きつける権利が、我々にはある。

コナミは、例え遊戯王の売上が五分の一に落ち込んだとしても、発売を続けるだろう。それでも十分に黒字だから、やめる理由がない。なのに何を恐れるのか。(例え本当に終わっても、それは終わるべくして終わったのだ。)

僕がもっとも腹立たしく思っているのは、コナミよりむしろ、遊戯王ユーザーの一部が「完全に飼いならされている」事実だ。

新しいカードが環境を取り、その後は制限になる。この繰り返しのスパンが、僕には、とても早い上に、極端に思える。作り手は、「いや、強すぎましたね。制限にします」ではなく、「これはいずれ制限になる。つまり、馬鹿売れする」と解ってやっていると思う。

これを「邪推」と切って捨てるには、今まで同じ事が繰り返されすぎた。「制作ノウハウとして、わざとやっている」と考えるのが自然だろう。僕は、デュエルターミナルの看板にトリシューラがデカデカと出ているのを見て、そりゃそうだよな、と思った。

つまり、「ハイ!トリシューラです!ぶっ壊れです!知ってます!わざとです!買ってね!」という看板なのだ、と僕は判断した。

これを許してきたユーザーが、「ユーザーの事を考えないコナミ」を育てたのだ。

環境を追い続けているユーザーの多くが、買い集めた資産がすぐに紙切れになる経験を、何度も繰り返している。

一部は、文句を言いながら続けている。

「いっときでも遊べれば良い」と割り切っている人は良い。僕自身はどうかと思うが、それは自由だ。

しかし、文句を言いながら続ける人達には、ドメスティック・バイオレンスを続けるパートナーと別れられないような見苦しさがある。

メソメソと泣きながら、ズルズルと関係を続けている。

そういう時、どうすれば良いか、第三者視点に立てば、誰でも答えは見えるはずだ。

毅然とした態度で、ノーを突きつければいい。

そういう意味で、「コナミは一度痛い目にあうべき」だと思う。

 

言っておくが勿論、そうして反省して、立ち直って欲しい、と考えているのだ。


◯コナミの痛みが、TCGショップを直撃する事実は、もちろんアンビバレンツだ。
それに、痛みの規模は、コナミが1だとしたら、ショップは100だろう。
割に合わない。
だからといって口を噤むのは、奴隷根性だとさっきも書いた。

TCGショップ店員の立場で発言させて頂く事を許してもらえるなら、僕がいいたいのはこれだ。

方法は一つ。

遊戯王新ルールの楽しさを積極的に伝える努力をしつつも、嫌いな人にはそれを押し付けず、別のTCGの魅力を伝える事。

 

遊戯王を続けて貰うことが、ショップの目的ではないと思う。

TCGを続けてもらうことが、ショップの目的ではないだろうか。

 

遊戯王をやめても、TCGその物を続けてもらえれば、いつか遊戯王にも帰って来て貰える可能性が大きくなる。

それが、結果的に遊戯王の為でもあると僕は思う。

 

「池田は絶対に謝らない」「池田は、自分の意見が絶対に正しいと思っている」

こうした意見を言っている人が居たら、ため息をついて、その人の知能指数を推し量ろう。友達に居たら、僕からのアドバイスは一つだ。友達は選べ。

 

池田は、わりと良く謝る。誤字脱字、知識の間違い等に対する指摘には、それが失礼な書き方をしていない限り、普通に謝り、感謝し、訂正することもある。

それは、ツィッターをちゃんと見ていれば解る。一部の炎上した記事だけを見ていても、その事には気付けない。

そして、ごく当然に、自分の意見は正しいと思っている。これは、アタリマエのことだ。

こうだと思って、自分の意見として発言する。「現時点では、僕はこう思う」だ。人の意見を聞く耳は、常に持っている。そうでなければいちいちリプライするものか。

そもそも、正しいと思わず、間違っていると思って発信する人間の気が知れない。

 

池田は「こう思う」と言っているだけで、常に「絶対に正しい!」と言っている訳ではない。だとしたらアンチの言う通り気狂いだ。

実際は違う。

「俺はこう思う」である。

 

そして、反論もきっちり聞いている。そして、納得がいった場合は意見を変える事もある。

ハリーなどと話したら、意見が180度変わることなど、しょっちゅうだ。

そもそも、人の意見をよく聞いて、納得したら意見がコロコロ変わる人間でないと、会社など経営できない。生き残れない。君子豹変すである。

では、なぜ、「池田に意見したらブロックされた!」という人が沢山いるのか?

それは、その人の方こそ、僕が何を言っても無駄だったか、あるいは、最初から話すに値しないと僕が判断した(煽りや、絡みが目的な釣り等)場合だ。

真面目に意見したがブロックされた!という人も沢山いるだろうが、しつこいからだ。

他にもブロック理由はあるが、それをルール化して明言するつもりは無い。

なぜかって?

そんな事を明言する義理は、僕には無いからだ。それに、どうせルールを作っても、ルールをすり抜けようとする輩が出てくるだけ。だから最初から説明しない。

 

自分の意見を取り入れられなかった人が、逆ギレして「あいつは人の話を聞かない!」と決めつけているのだ。

聞いてるっつーねん。

聞いた上で、「うん。だけどその意見には従わない。」としているだけだ。

 

「池田は話を聞かない」と言っている人間は、要約すると「俺の言う通りにしろ!」と言っているのと同じだという事に、気付いていない。これは気狂いに近い。

駄々っ子かもしれない。

簡単に言うと、「AとB、どっちを選んでも間違いじゃないけど、僕はAを選ぶよ」といっているのに、

「Bにしろギャーー!池田はAを選んだからマジキチ」

と言っているのだ。

どっちがマジキチだ。

ハリーや身内のスタッフと話をして、僕が納得し、意見を変えることはしょっちゅうある。

池田に議論をふっかけ、受け入れられなかった人は、ハリー達より説得力のある意見を持っていなかっただけだ。

つまり、怒るのは、逆ギレ以外の何ものでもないのである。

大人なら、意見をして、相手が受けてれなくても、「それはそれ」と個人の思想を尊重する事が出来る。

「言ったのに聞かねぇ」は駄々っ子である。僕は、そういった人間を心から蔑む。(被害を受けている以上、僕には蔑む権利があると考える。)

 

「池田は偉そう。話し方が気に入らない。」という人がいる。

悪かったな。

僕が喋り始めたのは三歳後半らしい。

異常に遅かった。

 

親戚一同、何かおかしいのかと心配したそうだ。

 

だが、突然喋り始めたと思ったら、いきなり、三節以上の、マトモな言葉を発し始めたそうだ。(なにそれ怖い)

 

バブーとか、ママとかパパとかすっ飛ばして、「お母さん、おはよう。いい天気だね」だ。

(やはりどこかおかしい)

 

こんなエピソードがある。

当時の大阪には、電車の中でタバコを吸う人が、まだ少し残って居た。

 

車内でタバコを吸っているオッサンに対し、殆ど喋らなかった僕が、突然

 

「ねえ、お母さん。電車の中でタバコを吸っては、いけないんだよね。」

 

と言ったらしい。

 

回りは関西弁なのに。いきなり標準語で。

 

僕の喋り方が「偉そう」なのは、まさに生まれつきなのだ。

 

この喋り方のせいで、随分と苦労した。イジメにもあった。

 

しかしお陰で、不条理や非難に対しても、恐れず自分の意見を言える性根が鍛えられた。

 

自分の意見をハッキリ言える人間を疎ましく思うのは、自分に自信がない証拠だ。自分ができないから、出来る人間が憎いのだ。

 

そんな醜い人間達に、白旗を振る僕ではない。

 

池田が偉そうだからムカつく?

 

だったら最初から、絡んでこなければいいではないか。

ムカつきながらも無視できない人間は、池田に心を支配されているのだ。そう。あえて言おう。「君は縛られている」だ。

 

僕は今まで、文句を言いに絡んできた人に、繰り返し、伝えている。

 

「俺に構うな。自分の人生を生きろ。人の足を引っ張る暇があったら、自分を高めろ。」と。

 

「池田は偉そうだ」という人へ。

 

悪かったな。しかし俺はお前を満足させるために自分を変えるつもりはないから、無視してくれればいい。寄ってくんな。

 

だ。

 

 

■最後に

さて、ここから元の文体に戻して、追記です。

 

遊戯王の新システムが発表された当時、パニックに近い大騒ぎになったのは記憶に新しいところです。

「コナミまじ害悪」
「遊戯王やめるわ」

等の言葉がネット上で散見されましたが、その時の僕の意見は、要約すると以下の2つでした。


●メーカーに対する怒りの表明

「アンケート調査等の相談も無く、いきなり、勝手にユーザーとショップの資産価値を叩き落としたコナミは、メーカーとして真摯な態度を取っているとは言い難い。
一度酷い目にあったほうが良い。
しかし、実際に売上が下がらないと、メーカーは『反省』しない。どんなに文句を言われても、数字が下がらなければ、反省する理由がないから。」


●翻って、メーカーの横暴を許してきたユーザーへ反省を提案

僕はメーカーだけでなく、「コナミがこうなのは、それを許してきたユーザーのせいでもある」と、ユーザーにも苦言を呈してきました。
メーカーを叩くだけなら、皆さんからは非難される事も少ないでしょう。だけとそれは卑怯だし、そもそも根本的な問題から目をそらしていると考えました。

「コナミの遊戯王に対する対応を黙認してきたのは、ユーザーだ。」という「不都合な真実」。

そりゃあ、怒る人もいるでしょう。自分は被害者なのに、なんで非難されなきゃイカンのか、と。

だけどそれは、逆ギレなんです。

 

 

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ファイアーエムブレム0(サイファ) 公式ガイドII で、デッキ記事監修をさせて頂きました。
    ウリス (11/08)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    ナイスミドル (10/01)
  • フューチャーカード・バディファイトの原作者としての仕事と、別れについて。
    なななななし (09/30)
  • フューチャーカード・バディファイトの原作者としての仕事と、別れについて。
    ミナルーシェ (09/26)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    ライオンok (09/24)
  • フューチャーカード・バディファイトの原作者としての仕事と、別れについて。
    ガスタ (09/21)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    mallet (09/18)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    rio (09/10)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    金澤尚子 (09/09)
  • 女性カードゲーマーが気軽に楽しめる環境を目指して・第二回 皆様の意見まとめ
    かぼぽん (09/08)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM